妊娠中は貧血になりやすい


貧血の症状を持っている女性は多いですが、特に妊娠中は30パーセントから40パーセントの女性が貧血になると言われています。

 

それは出産に備えて母体の血液量が増えたから。
血しょうは47パーセントも増加しますがそれに対して赤血球の生産は追いつかず血液が薄まってしまうのです。

 

めまいや頭痛・だるさや動悸息切れなど一般的な症状と同じですが、妊婦さんの場合には赤ちゃんまできちんと栄養や酸素が行き届かなくなるため、低体重化や未熟児となるリスクが高まり奇形児の原因となることも。

 

出産時には出血を伴うため血液が必要ですが、貧血の場合血圧が下がりやすくなるので出血量も増えてしまいます。

 

輸血をしていると産後の回復も遅くなります。
血液から作られるはずの母乳の出も悪くなります。

 

安易に考えてしまいがちな貧血ですが、特に妊娠中の場合には自身だけでなく大切な子どもにも影響して来るため、食生活を改善し鉄分をしっかり取り入れることが大切です。

 

病院では鉄剤を処方されるでしょうが、それだけでなく食品からも摂取しましょう。
レバーやあさり・ひじき・小松菜などがおすすめです。
たんぱく質やビタミンC・クエン酸を含む食材も一緒に食べるようにすると、これらの成分は鉄分吸収を助けるのでより効率的に鉄分を取り入れられます。

 

妊娠中はホルモンバランスも大きく変化しますし、普段の生活以上に胎児のために栄養分を取られるものです。
意識して必要なものを取り入れないと母体も胎児も危険にさらされます。

 

体内の鉄分が不足することで起こるむずむず脚症候群(むずむず脚症候群 治す方法)もまた通常はそれほど発症することはない病気にも関わらず妊婦さんの発症確率はかなり高いです。

妊婦さんとむずむず脚症候群について


通常であれば5パーセントほどしか発症しないこの病気に妊婦がかかる割合は20パーセントほど。
夕方から夜にかけて足がむずむずして不快感を感じるこの病気は鉄分や葉酸不足が原因と言われています。
鉄分も葉酸も胎児に取られることの多い栄養分だけに妊婦は不足しがちなのです。

 

栄養分の不足だけでなくせきずいの圧迫もまたむずむず脚症候群のリスクを高めると言われています。

 

そのため椎間板ヘルニアなどの病気を持つ人がかかりやすいのですが、妊婦さんもまた胎児が大きく成長していくうちにせきずいが圧迫され病気になるのです。

 

鉄分や葉酸を取り入れるとともに、できるだけ腰に負担がかからないよう生活するようにしましょう。
妊娠が原因なら出産して落ち着くと症状も落ち着くでしょう。