明るすぎる色は膨張色なのでこれもNG

小顔に見せる方法は髪型にあります。顔の輪郭がひし形になるようにします。前髪をぱっつんして、ロングヘア―は絶対にNGです。

 

前髪は横に流して、すそは短めにすっきりするとかなり小顔に見えます。◇がキーワードですよ。髪の毛の色もポイントです。真っ黒はNG。

 

しかし、明るすぎる色は膨張色なのでこれもNG。黒よりも明るいダークブラウンが一番良いです。服の色も小顔に見せる方法につながります。

 

明るい色のおしゃれな服を着て、最初に服に目が行くように持っていくという方法です。服の次に顔を見るという順番を作るのです。すると、大きいものから小さいものという順番に物を見ることになるので、顔が小さいのではという錯覚を持ってもらえるのです。

 

これらは、本当に小顔になったわけではありませんが、髪型や服装を工夫すれば、小顔に見せることができます。また、この反対のことは絶対に避けましょう。
実際よりも顔が大きく見えて、おしゃれをしてもダサい印象を与えてしまいますから。